福岡ヤフオク!ドーム プロ野球観戦記/福岡ソフトバンクvs千葉ロッテ 2019/05/10

2019年5月10日(金)福岡ヤフオクドームに、福岡ソフトバンクホークスvs千葉ロッテマリーンズの試合を観に行きました。

2019年、12回目のプロ野球観戦です。

シスコシート 1塁側 Kブロック 2列21番で観戦

今回は、シスコシート 1塁側 Kブロック 2列21番で観戦しました。

シスコシートの料金は、日程やファンクラブに入っているかどうかによっても異なるのですが、私はホークスクラブ会員なので、2枚1組で12,000円で購入しました。

シスコシートは、ヤフオクドームの1塁側、ライトスタンドのさらに上から球場全体を見渡せる席で、座席にiPadが設置されていたり、ビュッフェの食事が食べ放題だったりと、特徴的な座席です。

シスコシートの座席は、革張りで背もたれもあり、とても快適でした。

1塁側スーパーゲート1から入場

シスコシートへは、1塁側の「スーパーゲート1」から入場します。この日は、18時試合開始だったので、16:30から入場することができました。

利用者専用の入り口となっているので、混雑することもなく、ほぼ並ばずに入場できます。

ヤフオク!ドームの5Fへ

シスコシートへは、スーパーゲート1入り口から入場して、エレベータで5Fまで上がります。

5Fに到着すると、「シスコシートへようこそ!」という挨拶とともに、専属スタッフの方がお出迎え。

ちょっとしたVIP待遇みたいな感覚も味わえます。

受付の機械が設置されている奥にある部屋が、シスコシート利用者専用のビュッフェ。

まるでホテルのランチバイキングのような光景ですが、シスコシートでは、このようにビュッフェ形式で食事も楽しめます。

シスコシートのビュッフェの食事は、30種類以上のメニューから選べて、中でもローストビーフやカレーライス、角煮や枝豆などが人気があるようでした。

シスコシートからの眺め

シスコシートは、このようにかなり高い位置から球場全体を見渡すような座席です。

メガホン片手に熱狂的に応援、というよりは、お連れの方と会話や食事を楽しみながらゆっくりと試合観戦したいという方向けの座席といえるでしょう。

シスコシートについては、以下のページでも詳しく記事を書いていますので、興味があればぜひご覧ください。

シスコシート(ヤフオクドーム)の魅力 | ビュッフェの食事内容、座席、料金や値段について【2019年版】

福岡ソフトバンクvs千葉ロッテ(2019/05/10)両チームスターティングメンバ―

福岡ソフトバンクホークス
1番ライト:周東
2番センター:釜元
3番ショート:今宮
4番DH:デスパイネ
5番サード:松田
6番レフト:グラシアル
7番ファースト:内川聖一
8番セカンド:牧原
9番キャッチャー:甲斐
先発ピッチャー:武田

千葉ロッテマリーンズ
1番センター:荻野貴
2番DH:鈴木
3番レフト:角中
4番ファースト:井上
5番サード:レアード
6番セカンド:中村
7番ライト:岡
8番キャッチャー:田村
9番ショート:藤岡
先発ピッチャー:二木

 

福岡ソフトバンクvs千葉ロッテ(2019/05/10)試合結果

福岡ソフトバンクホークス試合情報
https://www.softbankhawks.co.jp/gamelive/result/2019051001/

千葉ロッテマリーンズ試合情報
https://www.marines.co.jp/gamelive/result/2019051001/

 

シスコシートでの観戦はとても快適だったのですが、試合は残念ながらホークスの惨敗。。。

どうも今年のホークスは、マリーンズが苦手のようで。。。

頑張れ!ホークス!